入試説明会の開催

2016年度入試説明会の開催

現役生の看護系入試の結果はいかがでしたでしょうか。
看護入試は一般の大学・短大の入試とは異なり、学力よりも合否の分岐点は圧倒的に人間性と看護に対する強い意志が決め手です。
そのため学力はそこそこ点数が取れても、面接や願書で看護志望理由の明確さが求められます。
それはコミュニケーション能力であったり、他人の意見の良き聞き役であることなど、看護師である前に人間としてのしっかりした人格と判断力が求められます。
希望が達成できなかった人は、受験生の中で学力であったり、コミュニケーション能力であったり人間性であったり、様々な適性が不足していたと考えざるを得ません。
高校卒業後はこれらのレベルアップはほとんど自分で解決していかなければなりません。
その点道東看護予備校では21年間にわたる受験指導の中で、受講生のほとんどの方を看護師へのスタートラインに立たせてあげられたと自負致します。(もちろん本人の努力あってのことですが・・・)
特に社会人からのキャリアアップを目指す方々を永年支援してきましたが、1年間の予備校授業をしっかり受け、日々の努力を続ける限り必ず道は開けます。
来年度の看護学校入試は早ければ本年10月頃から始まると考え、必要な準備をしなければなりません。
高校卒業後は、意識して学習を継続しなければ、むしろ学力は低下していくものです。現役で不合格となった人が翌年も失敗する例を予備校教師として数多く経験してきました。
先日の予備校日記で紹介したように、40歳からの看護師へのスタートを切った三好さんを始め、過去にも多くの社会人予備校生が巣立っていきました。
すでに看護師としてスタートした人も、今まさに看護師への勉強の途中という方も多数おられます。
道東看護予備校では、一念発起して社会人から看護師への転身される方を全力で支援・指導いたします。
ぜひ、3/19の入試説明会へ参加してください。

高看入試説明会の開催 

3/19(土)に看護入試説明会を開催します。
場所・時間は下記に問合せください。

  • 申込み・問い合わせ:【平日 午後1時~9時頃まで】にお願い致します。
    電話番号  0155-24-9919
    1. 2015年度の看護入試を振り返って
       帯看・社会事業・帯医師会他各看護学校の倍率、
       難易度の変化、入試問題の変化についての説明。
    2. 看護受験に向けての勉強法
       英語・数学・生物・国語の特色とその勉強法について
    3. 奨学制度と奨学金を利用しての看護学校進学について
       道内主要看護大学及び看護学校進学について

    コメント


    認証コード5268

    コメントは管理者の承認後に表示されます。